NJ-VW102-K

NJ-VW102-K.jpg
三菱 IHジャー炊飯器 本炭釜シリーズ NJ-VW102-K

●通常の金属多層釜は外表面の薄いステンレス層の発熱を内層のアルミニウムへ伝える構造となっていますが(外表面発熱)、「本炭釜」はIHの磁界と誘導電流によく合うバランスのとれた電器抵抗と比透磁率を持ち、磁力線が素材の中に深く浸透して釜の厚み全体が発熱するので、お米をしっかり加熱します(釜厚全体発熱)。本炭釜は釜底の中央部から多くの熱を発生させ、大きな泡を次々と沸き立たせます(激沸騰)。この泡がお米を押し上げながら通り抜けていくため、お米一粒一粒がふっくらと炊き上がります
●炊飯器はかまどと異なりふきこぼせないため、従来品の場合、沸騰後は間欠的に加熱をしていましたが、「連続沸騰」は沸騰後も火力を落とさない連続加熱であるため、かまど炊きのようなおいしさを引き出します。沸騰時に湧き上がる「おねば」がカートリッジ内部に入ると、気泡が消されてうまみが蒸気と分離します。蓄積されたうまみは蒸らし時にごはんに還元されます。こうしたふきこぼれにくい構造にすることで「連続沸騰」が実現しました
●通常炊飯よりも仕込み(予熱)にじっくり時間をかけて甘みが約8%アップします。炊飯開始時から炊飯容量にあわせた制御の最適化を実現。炊飯量を事前に設定することで、量にあわせた最適炊飯ができる合ピタ機能を追加しました
●従来品の釜底に配置したIHコイルはダブルリングでしたが、新製品ではトリプルリングにすることで全体をまんべんなく加熱します
●中華粥モードの加水量は、従来から採用している「おかゆ」モードに比べ約1.8倍で、さらさらした食感を楽しめます。あらかじめ鶏がらスープなどの等の基を入れて炊飯し、器に盛り付けてからお好みの具材を混ぜ合わせます
●沸騰状態を赤い光でお知らせする「沸騰お知らせランプ」を本体天面に採用しました
●「内蔵カートリッジ」の蒸気排出口に保湿ボールを搭載。炊飯中は蒸気の勢いでボールが移動し隙間から蒸気を外部に排出します。保温時はボールが蒸気口遮蔽して、蒸気の排出を抑えます
●省エネ志向をふまえ、炊飯時の消費電力量を抑える「エコ炊飯」モードを採用しました
●液晶文字は5.5mmの大きさにするため液晶を拡大し、高齢者にも見やすくしました
●蒸気レスIHで採用した「ピタ目盛」を採用し、0.5合単位の水位も合わせやすくなりました
●従来の本体側面後方に取り付けしていたしゃもじ受けを独立させ、好みの場所に置けるようにしました

サイズ:W237×D292×H215(mm)
本体重量:4.9(kg)
原産国:日本
最大消費電力:1350W
年間消費電力量:91.5kWh/年
1回当たりの炊飯時消費電力量:180.3Wh
1時間当たりの保温時消費電力量:17.3Wh
省エネ達成率:100%
炊飯容量:0.18~1L
付属品:しゃもじ・しゃもじ受け・計量カップ・無洗米用計量カップ・取扱説明書/炊飯用メニュー集、リチウム電池内蔵
炊飯機能:芳潤炊き/エコ炊飯/お急ぎ炊飯
炊飯メニュー:白米/無洗米/発芽米/胚芽米/玄米/分づき米(専用モード)/炊き込み/おかゆ/中華粥/すし(白米・無洗米)/おこわ
保温:一定(温度やや高め)/たべごろ(温度やや低め)
内釜特長:本炭釜
胴周り炭コート:有り/大沸騰IH:有り(連続激沸騰)/カートリッジ:有り(内蔵・放熱板一体型/ヒーター数(全面加熱):五重/前面みてますセンサー:有り/超音波吸水:なし/放熱板(内ぶた):有り(炭コート遠赤)/潤保湿ボール:有り
VFインバーター:有り
液晶:ホワイトバックライト(特大)/液晶デカ文字:有り/操作音数:2
Vピタ目盛:有り
沸騰お知らせランプ:有り
価格オープン

   

関連記事
  1. 2011/08/20(土) 00:03:44|
  2. 炊飯器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ESTM4200 | ホーム | MKM-9110/B>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dezakade.blog76.fc2.com/tb.php/2289-ae8923a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

サイト内検索

最近の記事

RSSフィード

rss.gif 最新記事のRSS My Yahoo!に追加
Add to Google
はてなRSSに追加
Subscribe with livedoor Reader
goo RSSリーダーに追加
Sleipnir Feed

プロフィール

コラ~ニ

Author:コラ~ニ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキングエントリー中

 にほんブログ村 デザイン家電へ

 人気ブログランキングへ

FC2Blog Ranking

 ↑投票クリックお願いします!