FC2ブログ

Q-SL2

Q-SL2.jpg
Qrio Lock

ドアのサムターンに取り付けることにより、スマートフォンでカギの解錠/施錠を行うことができるデバイスです。

工事不要で、簡単に取り付け可能です。日本の住環境に合わせ、さまざまなドアロックに対応した形を追求しています。カギ交換や穴あけの必要もなく、賃貸住宅でも安心して取り付けられます。

ハンズフリー解錠機能により、カギの解錠はドアに近づくだけ。ポケットにスマートフォンが入っているだけで、ドアに近づくと自動的にカギを解錠します。スマートフォンを取り出す必要はありません。

また、オートロック機能も搭載しております。付属のドアセンサーによって、ドアの開閉状態を検知できるようになりました。ドアが閉まれば自動で施錠。カギの締め忘れもなく外出がスムーズです。ちょっとした外出時に便利な、オートロック一時停止機能もございます。

合カギを発行して家族や知人に手軽に共有することができます。(上限発行数は20)

ご自身以外のオーナーや合カギ保有者がスマートフォンでQrio Lockを操作した場合、外出中でもカギの開け締め操作の履歴を確認いただけます。(別売りのQrio Hubをセットでご利用いただいた場合は、カギを手動操作した際にも通知が届きます)

リチウム電池(CR123A)2本で作動し、予備の電池を2本セットできます。 片側の電池が切れると、もう一方の電池に自動的に切り替わるため、不意な電池切れを防ぎます。リチウム電池(CR123A)2本のみで約半年以上、4本で約1年以上電池交換不要です。 (1日約10回の動作を想定した理論値です。使用環境や利用状況により異なる場合があります。)

最新機種“Apple Watch Series 4”を含め、Apple WatchからのQrio Lockの操作に対応。近くにiPhoneがない状態でも、Apple Watchから鍵の解施錠をすることが出来ます。
(Apple Watchによるハンズフリー解錠機能は搭載しておりません)

2018年秋頃を目処に、「Amazon Alexa」「Google アシスタント」「LINE Clova」に順次対応予定です。

※ご利用には対応スマートフォンが必要です。
※サムターンの形状などにより取り付けられないことがございますので、ご購入前に対応状況をご確認下さい
※スマートフォンの電池切れなどに備え、お出かけの際は従来の鍵をお忘れにならないよう、お気をつけください。
※ハンズフリー解錠機能とオートロック機能各設定は個別にON/OFFすることが出来ます。
※ハンズフリー解錠機能は、ご利用の端末や環境などにより解錠に時間がかかったり、正確に動作しないことがあります。あらかじめご了承ください。

サイズ:長さ 115.5 mm / 幅 57 mm / 奥行き 77 mm (つまみ含む)
重さ:約207 g(本体のみ) ※ CR123Aリチウム電池2本含んだ重さ:約240 g
電源:DC 6.0 V、 CR123Aリチウム電池×2
素材:PC樹脂等
対応OS:iOS 10.3以上、Android 5.0以上
通信:Bluetooth® 標準規格 Ver4.2(LE)
出力:Bluetooth® 標準規格 Power Class 2
周波数帯域:2.4 GHz帯 (2.4000 GHz〜2.4835 GHz)
付属品:
・本体
・CR123Aリチウム電池×2
・高さ調整プレート(大/小)
・開閉センサー
・サムターンホルダー(S/M/L)
・本機用両面テープ×2
・開閉センサー用両面テープ×1
・固定ネジ(長×4/短×4)
・取扱説明書等
価格オープン

商品詳細情報はこちらで↓
     




   
関連記事
  1. 2018/11/04(日) 08:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<B07GXPB7W4 | ホーム | M001BAS>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dezakade.blog76.fc2.com/tb.php/5306-8b6cc23b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

サイト内検索

最近の記事

RSSフィード

rss.gif 最新記事のRSS My Yahoo!に追加
Add to Google
はてなRSSに追加
Subscribe with livedoor Reader
goo RSSリーダーに追加
Sleipnir Feed

プロフィール

コラ~ニ

Author:コラ~ニ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキングエントリー中

 にほんブログ村 デザイン家電へ

 人気ブログランキングへ

FC2Blog Ranking

 ↑投票クリックお願いします!